時代の流れ?・・・

2020年10月27日
パソコン・周辺機器など 0
数日前に Mac OS をアップデートしたのだが、今回の Mac OS 10.15 ”Catalina”は昨年秋のリリースだった。今秋は10から11へのビッグアップデートのようだが・・
10.15 で使えなくなったアプリで一番痛い(というか残念な)のは”Drag Thing”だった。
私が最初に買ったパソコンはボンダイブルーの初代iMac(Rev.B)だった。1999年に入手し色々弄っていた頃出会ったのがこのランチャーソフト、Drag Thing。今で言えばAppleの”Dock”のような感じでもっと幅広い。
当時 Mac OS は8.5、(10.8じゃないよ・・笑)当時は1つ前の”漢字talk7”からの大規模変更だった。
とにかくその頃、Mac OS は不安定で、しょっちゅう落ちる?、ハングアップする?・・などで回復作業に何時間もかかってしかもしょっちゅう・・Drag Thing はなんと便利なソフトだっただろう。その後 Mac OS X に変わり、それが安定するようになって Dock と重なるようになっていったかな・・
今回10.15で64bitのみの対応となって開発を終了するそうだ。最初の開発から四半世紀に及ぶという。長いことお世話になりました。

写真は2003年にiMacを解体して処分した時のもの。ほかにもSCSI機器接続とかCPUドータカードなどの写真もある。
<分類としては風景とは言えないけど、”思い出の風景”ということで・・笑>

20030920_iMac_201bb.jpg
iMacを解体した時の写真。2003年に処分した時、ロジックボードだけ外してとってある。

20030920_iMac_202bb.jpg
CPUとメモリーが載ったドータカード部分。これは当時最新のPowerPC-G4が載ったカードに替えてある。

20030920_iMac_203bb.jpg
ロジックボードの裏側、メザニンスロット部分に別売カード(名前は確かFormac iProTV)を付けている。主にSCSI機器をつなぐためだった。

19990724_winter_201bb.jpg
SCSIケーブルを繋いだところ。外付けHDDとかに使っていたんだ。(これも時代の流れで消えていった・・)

20001209_iMac_201bb.jpg
最後はCPUドータカード、これは元々のPowerPC-G3/233MHz(もう21年も前のものだ・・)
※ 最初の3枚はこの頃買って間もないEOS10Dで撮っている。その後の2枚はたぶんオリンパスとニコンのコンデジだ。

スポンサーサイト



世捨て人
この記事を書いた人: 世捨て人
 
つれづれなるままに日暮らし、写真機にむかい写心にうつりゆくよしなしごとを写しにけり・・

20年続けた自分のサイトでブログが2018年に攻撃を受け(Word Pressのセキュリティーホールを狙ったものでした。)、サイトを閉じましたが、ブログのみブログサイトで再度始めることにしました。

このプロフィール写真は2017年の9月に向島百花園で撮ったクロアゲハ。

 Since 2020.09.24

制作・閲覧環境
iMac-Retina 4K Core i5
mac OS 12.7 Monterey
Adobe Creative Cloud

※ ご感想などコメント欄にいただければ嬉しいです。できるだけ早い時期にお返事など差し上げたいと思っています。
なお、拍手コメントについては非公開なため、頂戴したご感想やご意見などは参考にさせていただきます。ご了承ください。

リンクはフリーです。が、一報いただければなお嬉しいです。

コメント0件

コメントはまだありません