御守りみたいな写真

2020年12月07日
未分類 0
もう何年もこの写真を玄関の正面に飾っている。
信心というわけでも無いし、また深い意味があるわけでも無いが、何故か姿形が気に入って手漉き和紙に印刷して御守りのように玄関に鎮座在します訳だ。
(これって深い意味があるってこと?・・笑)

20120531_spring_501bb.jpg
東大寺大仏殿(金堂)四天王のうち多聞天(毘沙門天)立像

東大寺大仏殿の四天王像はこの多聞天と広目天が立像として、あと2つ持国天・増長天は頭部だけが存在する。

実はこの時は、今から8年ほど前だが、2年足らずの間に父についで母が亡くなり、その納骨のすぐ後だった(2012年の春だった)。
二人の入る納骨堂の寺の京都本坊が八瀬にあったのだ。この日を含め二日かけて修学院離宮、詩仙堂、蓮華寺と行って、二人の位牌を連れて京都本坊に寄り、最後三日目に奈良で大仏殿に寄って帰って来た訳だ。

奈良も以前何度も訪れたことがあるが、もう何年も行っていなかったので久々に行ってみたかったのだ・・

20120529_spring_511bb.jpg
詩仙堂にて、八瀬に行く前日に寄った。ここも久しぶりだったな・・

20120530_spring_502bb.jpg
叡山電鉄の八瀬駅だ、貴船口・鞍馬には以前行ったことがあるが、ここは初めてだった。

駅のすぐ近くに光明寺京都本坊・瑠璃光院がある。
この存在は前から知ってはいたが(確か秋の床もみじで有名だね)、まさかこのような縁で来るとは思わなかった。
東京の参拝カードで無料で入れた・・不思議な感覚だったな。

20120530_spring_503bb.jpg
この時期は一面の緑色だ(モノクロだけど・・)

20120530_spring_501bb.jpg
落ち着いた実に閑静な佇まいだ。年中開いているわけではないようだ。

また行きたいと思いつつなかなか実現しない今日この頃だ・・
(Canon EOS 1DMkIV;EF16-35mm F2.8 L II)

スポンサーサイト



世捨て人
この記事を書いた人: 世捨て人
 
つれづれなるままに日暮らし、写真機にむかい写心にうつりゆくよしなしごとを写しにけり・・

20年続けた自分のサイトでブログが2018年に攻撃を受け(Word Pressのセキュリティーホールを狙ったものでした。)、サイトを閉じましたが、ブログのみブログサイトで再度始めることにしました。

このプロフィール写真は2017年の9月に向島百花園で撮ったクロアゲハ。

 Since 2020.09.24

制作・閲覧環境
iMac-Retina 4K Core i5
mac OS 12.7 Monterey
Adobe Creative Cloud

※ ご感想などコメント欄にいただければ嬉しいです。できるだけ早い時期にお返事など差し上げたいと思っています。
なお、拍手コメントについては非公開なため、頂戴したご感想やご意見などは参考にさせていただきます。ご了承ください。

リンクはフリーです。が、一報いただければなお嬉しいです。

コメント0件

コメントはまだありません