二代目の常盤橋は

2023年10月22日
都市 4


初代の常磐橋は幅も狭く幹線道路に向かないことから
1926年に二代目の常盤橋として日本橋川の少し下流に造られた

昭和元年ってことは大正15年・・もう10年以上前に亡くなった父の生まれた年だ
生きていれば97歳、じゃあこの橋は出来て97年経つんだ・・



常磐橋から見える常盤橋である


20231017_autumn_26bb.jpg

前々回、修復されたということで撮った常磐橋から見える現在の常盤橋



少し前に21年前に撮った写真をアップしているが、見た目は大きく変わってない?

20231017_autumn_21bb.jpg

これはこれでいかにも古い感じがするね
銘板は漢字で”常盤橋”




20231017_autumn_24bb.jpg

中央区側から橋を渡り始め、向こうには前々回の常磐橋が見える

右側は船着場?




20231017_autumn_23bb.jpg

向こうに修復された常磐橋を見つつ、千代田区側に入ったかな・・

画面中央左寄りに像が見える
関東大震災で被災した常磐橋の修復を支援した実業家・渋沢栄一氏の像だ(朝倉文夫氏の手によるものという)



20231017_autumn_25bb.jpg

千代田区側に渡り切ってから見返すと、こちら側の銘板の表記は平仮名だね


今回は日本橋までは撮りきれなかったな・・
また別に撮りに行くかな^^




撮影日 2023年10月17日 中央区・千代田区常盤橋にて
(FUJIFILM X-E3;7artisans 12mm F2.8;Classic Chrome mode)


スポンサーサイト



世捨て人
この記事を書いた人: 世捨て人
 
つれづれなるままに日暮らし、写真機にむかい写心にうつりゆくよしなしごとを写しにけり・・

20年続けた自分のサイトでブログが2018年に攻撃を受け(Word Pressのセキュリティーホールを狙ったものでした。)、サイトを閉じましたが、ブログのみブログサイトで再度始めることにしました。

このプロフィール写真は2017年の9月に向島百花園で撮ったクロアゲハ。

 Since 2020.09.24

制作・閲覧環境
iMac-Retina 4K Core i5
mac OS 12.7 Monterey
Adobe Creative Cloud

※ ご感想などコメント欄にいただければ嬉しいです。できるだけ早い時期にお返事など差し上げたいと思っています。
なお、拍手コメントについては非公開なため、頂戴したご感想やご意見などは参考にさせていただきます。ご了承ください。

リンクはフリーです。が、一報いただければなお嬉しいです。

コメント4件

コメントはまだありません

くぅ

そっか、昭和元年ってことは大正15年ね。
大正と言われるとスゴイ昔のような・・
これからは
昭和生まれも、随分と昔の人に思われるでしょうね。

古いモノにも、それはそれで味がありますね。

2023年10月22日 (日) 11:58
世捨て人

世捨て人

Re: タイトルなし

くぅさん、こんにちは。
私の父は1月生まれだったので、大正15年ということになります
改元は12月25日だったので昭和元年は一週間ほどだったんですね・・
昭和生まれはもう二つ元号を超えていますからねー^^

パソコンやスマホ、カメラとかはすごい進化ですからねー
でもカメラや写真とかは古いものでも価値はありますし、
こういう古いものも味がある (´∀`)

2023年10月22日 (日) 12:59

@我楽多

昭和元年=大正15年って同じ様で感じ方は大正が大分古く感じますよねぇ~・・・
私も昭和生まれなので平成・令和と3つの元号を生きて来ましたが、昭和の時代に明治や大正って相当昔に感じましたが、昭和が長すぎた性でしょうかねぇ~・・・???
でも常盤橋が2つあるとややこしくなりません???

2023年10月22日 (日) 14:01
世捨て人

世捨て人

Re: タイトルなし

我楽多さん、こんにちは。
昭和は64年ありましたからねー長いですよ^^
常磐橋が架かっていた場所も江戸時代は常盤橋御門って言ってたくらいですから
関東大震災くらいを境に字が変わった?
しかも古いほうは国指定の史跡(常盤橋門跡)内にある橋ですから、特別なものと考えていいんじゃないですかね^^

2023年10月22日 (日) 14:32